NPOサポート・しみず 28年度の活動

● 清水市民活動センター10周年、市民活動FESTA2016を開催

  NPOサポート・しみずが指定管理している、静岡市清水市民活動センターは開館から10年が経ちました。利用登録団体の皆様と7月に実行委員会を設立し、準備を進めてきました。10月1日より、10周年記念事業がスタートし、10月30日はエスパルスドリームプラザ1階エスパレススクエアにて、市民活動FESTA2016を開催いたしました。詳しくは、清水市民活動センターのホームページ、及びフェイスブックページををご覧ください。

清水市民活動センターホームページ≫
市民活動FESTA2016 フェイスブックページ≫

(平成28年10月30日)


● 県内初! 地域の企業とNPOを結ぶ 寄付つき商品プロジェクト

  9月7日、記者会見を行い、「しみず元気プロジェクト」が正式に発足しました。

しみず元気プロジェクト
しみず元気プロジェクト

(平成28年9月8日)


● フードドライブ報告

  8月1日から31日まで、フードバンクふじのくにに協力して、私たちNPOサポート・しみずも、清水市民活動センターの事務ブースで食品を集めました。
今回は、やむなく捨てられてしまう食品を県内156拠点で集めたそうです。毎回、やるごとに拠点が増えています。寄付していただいた食品は行政や社協の窓口、支援団体を通じて食べるものが無くて困っている方々にお渡ししています。協力してくださった皆様、ありがとうございます。 

(平成28年8月1日)

フードドライブ

(平成28年8月1日)


● 第4回定期総会を開催

 平成28年6月11日、清水市民活動センターにおいて特定非営利活動法人NPOサポート・しみずの第4回定期総会を開催しました。 新入会員のために、最初に自己紹介やアイスブレークを行ないました。 全文を読む≫

第4回定期総会

● 季刊えぬさぽ14号を発行

刊えぬさぽ1号

 平成28年4月、NPOサポート・しみず会報「季刊えぬさぽ14号」を発行しました。

PDFファイル 季刊えぬさぽ 14号(PDF文書 292KB)≫

27年度の活動

●平成27年度社会資本整備協働推進事業「協働の底力。」 (主催:静岡県)

 27年度も、県事業を受託しました。27年7月の打合せに始まり、28年2月6日の地域づくり発表会、その報告書作成までの長丁場でしたが、年度内に最終検査まで終了する事ができました。東部、中部、西部に分かれての部会・協働の現地見学ツアー、それらの事業のまとめとしての発表会など、規模の大きな事業でした。事業を通じ、県内各地で活動するNPOや学生団体、企業、県職とのネットワークの拡充に期待しています。

■ 地域部会での企画検討

協働の底力。

写真は東部地域部会の様子

▼ 西部くるまざ会 現地見学ツアー

歴史的まちなみを守り、活かす地域づくり!「第17回 遠州横須賀街道 ちっちゃな文化展」見学 (10月24日)

協働の底力。

▼ 東部くるまざ会 現地見学ツアー

若者の地域貢献、地域のつながり!「南条の里農地保全会」活動現場見学 (11月1日)

協働の底力。

▼ 中部くるまざ会 現地見学ツアー

地域の結束!若者の地域貢献の可能性!「NPO法人複合力」活動現場見学 (12月5日)

協働の底力。

● 地域づくり発表会in静岡

大学生の企画・学生運営の発表会で「協働」を伝える寸劇は大好評 (2月6日)

協働の底力。

 ワールドカフェスタイルの交流会では、NPO、学生団体、行政、企業が自由な雰囲気で交歓しました。

協働の底力。

●平成27年度防犯まちづくり専門講座 (主催:静岡県)

 27年度で6回目の受託となりました。講座の受講が「静岡県防犯まちづくりアドバイザー」になるための条件のひとつになったことから参加者も変化し、業務の傍ら社会貢献として防犯に取り組む新聞店社員や、現役を退いた警察官といった立場の方が増えました。毎年定員を上回る申込みがあり、参加状況については県担当者からも評価されています。

▼ 第1回講座 「子どもの安全をどう守る?忍び寄る不審者たち」 (12月19日)
講師 拓殖大学教授 守山 正 さん

防犯まちづくり専門講座

 中部地区での開催は初めてでしたが、講師からは静岡県の犯罪に関する最新データが提供され、より具体的な現状を知ることができました。子ども達が犯罪に巻き込まれる事例が後を絶ちません。子育て中の若い方に受講を呼びかけましたが、参加に至らず残念でした。

▼ 第2回講座 「防犯対策のポイント 犯罪者の視点を知る」 (1月16日)
講師 (株)ステップ総合研究所 篠原惇理さん

防犯まちづくり専門講座

 篠原先生は2年ぶりの登壇です。今回は参加者のワークショップを中心に、犯罪の起こりやすい住環境、監視カメラ設置の意義について、専門分野の建築学の見地からお話をいただきました。

▼ 第3回講座 「誰もがだまされる特殊詐欺 個人の対策と地域のチカラ」 (3月5日)
講師 大正大学准教授 高橋尚也さん

防犯まちづくり専門講座

 多様化、巧妙化する特殊詐欺の被害が後を絶ちません。清水区の被害が相次いでいるタイミングの開催となりました。定員をかなり上回る申込みがあり、関心の高さがうかがえます。ことば巧みに話しかけられると、相手のペースに巻き込まれて騙されるということを、ロールプレイやゲームで体験しました。犯罪被害に遭う側の心の動きからのアプローチは、とても興味深い内容でした。


●清水区まちづくり協働会議事業

 27年度に始まった清水区事業を受託しました。この事業は、清水区内の各単位自治会が抱える身近な地域課題を、単位自治会と、清水区役所、専門家としてのNPOの3者が意見交換を行い、協働により解決することを目的としています。27年度は堂林自治会と、清水区役所の担当課職員、NPOサポート・しみずが協力して3回の会議と、成果報告会で、他の自治会の皆様や市民に報告をしました。

熱心な堂林自治会の役員の皆さん

清水区まちづくり協働会議事業

成果報告会の最後に、みんなで壇上へ (2月13日)

清水区まちづくり協働会議事業

●NPOサポート・しみずの自主事業

 NPOサポート・しみずは、さまざまな活動経験を持つ会員で構成されています。今年度も、会員のスキルを活かした事業を2件実施しました。

▼ 認知症サポーター養成講座 (11月28日)

 キャラバンメイトの磯谷臣司さんに講師をお願いし、認知症について症状や対応について学びました。

NPOサポート・しみずの自主事業

▼ せっけん講習会 (12月18日)

 清水市民活動センター年末大掃除のタイミングに、合成洗洗剤不使用の環境に優しいクリーニングを実践しました。ブース入居の団体も交え、楽しい学びの機会となりました。講師は、田邊直恵さんです。


●静岡市長とのお茶カフェトーク (12月12日)

 「市長とのお茶カフェトーク」に応募し、会員と田辺市長が直接話をする機会がめぐってきました。当団体の中間支援の事業ばかりでなく、福祉、子育て、環境、まちづくりなど、会員が取り組む課題についてもアピールしました。

NPOサポート・しみずの自主事業

● 季刊えぬさぽ13号を発行

刊えぬさぽ1号

 平成27年8月、NPOサポート・しみず会報「季刊えぬさぽ13号」を発行しました。

PDFファイル 季刊えぬさぽ 13号(PDF文書 284KB)≫


● 季刊えぬさぽ12号を発行

刊えぬさぽ1号

 平成27年5月、NPOサポート・しみず会報「季刊えぬさぽ12号」を発行しました。

PDFファイル 季刊えぬさぽ 12号(PDF文書 239KB)≫


● NPOサポート・しみずの指定管理業務

特定非営利活動法人NPOサポート・しみずは27年度も静岡市清水市民活動センターの指定管理業務を行なっています。

 ● 静岡市清水市民活動センターHP≫
 ● Facebookページ≫


● 事業報告と会計報告

特定非営利活動法人NPOサポート・しみずの事業報告と会計報告を掲載します。

▼平成26年度

PDFファイル 平成26年度事業報告(PDF文書 162KB)≫

PDFファイル 平成26年度事業報告・写真版(PDF文書 904KB)≫